Print

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「作家の酒膳 2」

よかりよ常設の作家から8人と初めてお付き合い頂く作家がひとり、自身の酒のスタイル(飲酒の流儀)を見せて下さいます。それぞれに好きな酒の種類も、普段からの酒量も違うでしょうし、お酒を召し上がるおりに必要な肴への嗜好も違ってみえる筈です。なかには「 殆どお酒は得意ではないけれども、酒の席で食べるモノは好き。」なんて方もいるようです。純粋な酒器展というよりは、楽しい酒の席がイメージできる うつわ の並ぶ展になってくれたら嬉しいと思っています。

*)本展は、無事終了致しました。来場下さった皆様に深く御礼申し上げます。また、次回の企画の際にも、お運び下さいますよう、心よりお願い申し上げます。