IMG_9431

「鉱物器」キム ホノ 展(常設内コーナー展)

現在開催中2017年8月22日(火)まで

 今年キム ホノ アトリエで、ひょんな事から見付けてしまった鉱物器の諸々。このシリーズは、僕にとってとても深い印象のある展に始まっている。
1995年春、友人の誘いで川崎のギャラリー釉さんへ「壺展」を観に行った。初めて見るキム ホノの作品は、とても自由で瞬く間に僕はキム作品の虜になった。その半年後の秋、銀座・黒田陶苑で開催の「鉱物 × 好物 = うつわ」キム ホノ 展へ足を運んだ 。会場に一歩入ると前回の壺展と全く異なる世界観で、会場にはびっしりと(大凡1000体の)鉱物器が並べられ、その迫力に圧倒された僕は、一度会場を出 て深呼吸をしてから再度の入店、ひとつひとつの作品というよりもなにか生命体のような “ 塊 ” を思わせるモノモノに囲まれて、すっかり気圧されてしまい頭が発熱して気が付くと、帰りの電車のなか「あっ!買うの忘れた。」 と、そのくらい衝撃的な展 覧会だったのです。思えば、この体験こそが僕の表現的現代陶器への傾倒を決定付けたのです。
22年の時空を超えて、いまその一部を沖縄の方々に御覧いただけることを本当に楽しみにして居ります。皆さん、どの様に感じてくれるのでしょうか?

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト